【報告】実演販売のオンライン化に成功しました!


参りました。。。

誠に恥ずかしながら、株式会社KODEKAは新型コロナウィルスに敗北しました。

会社を創設して4年目。
「全ての接客・ビジネスをエンターテイメントに」を理念に掲げ、日本のすばらしい商品やサービスを最大限に広げるため奮闘して参りました。

「江戸時代から続く実演販売の技術」と「芸人の持つエンターテイメント性」をかけ合わせた弊社独自の販売方法は徐々に各所でご理解いただき、これまで連戦連勝の結果を出し続けることができました。
さらに、独自の販売理論を評価していただき、大手企業様の社員様向けに販売の研修をさせていただくまでになりました。

しかし・・・
弊社のメインサービスは販売のプロ×エンタメのプロである実演笑売士の派遣です。
実演笑売士の主戦場である店頭販売や展示会、研修講師もすべてお客様と顔を合わせての商売です。
そのため・・・新型コロナウィルスの影響で、全てなくなりました。

そこに仕事はありませんでした。ありませんでした。ありませんでした。ありまあああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ

・・・・・・

とゆうことで、ここからはバーチャルの世界でも戦えるKODEKAとして、様々なサービスのオンライン化いたしました!!!

正直なところ、コロナが現れなければ、5Gの本格化+AI技術やクロステックの発達の中、自分達はひたすらアナログで販売し、職人になることで企業様に貢献し、良い物を消費者様に届け続けようと企んでいました!
ですが、今はその企業様が困っています!

現在イベントができなくてもPRと販売が可能なオンラインサービスを2つご紹介します!

1時間で売上1億6000万円!

新サービス1つ目は、バーチャル実演販売を可能にする「プレゼン to online」です。

【現在の課題】
アフターコロナの時代に突入したのち、イベント業界にどのような影響を及ぼしていくかは予測不能です。

その為、不用意に動けず、慎重にならざるを得ない為、常にPRや販促は後手に回ってしまいます。悪いケースを想定しますと、イベントがスタートしていく流れになったとしても、第二波第三波で再び頓挫してしまう不安もあるかと存じます。

【サービス内容】
そこでプレゼン TO onlineではオンラインにて弊社実演笑売士が商品を紹介いたします!
従来の店頭のお客様に向けてでも、オフィスや自宅にいるユーザー様に向けてもOKです。
これにより、このサービスまでの準備をしっかり行えば結果を出すことができ、また問題点であった、コロナの影響が受けづらくなります。

【オンラインでの過去実績】
「それの何がいいの?」「売れるの?」と思われる方も多いかもしれませんが、実はオンラインでの販売では既に実績があります。
実績は1時間で1億6000万円。
(詳しくは別記事に記載しておりますのそちらをご覧ください。)※リンク

【使用用途】
皆様のご希望に合わせてどこでもなんでもオンライン上で紹介いたします。
もちろんBtoC向けにリアルタイムでの接客も可能です。
またBtoBに向けて難しい製品や形のないサービスも可能です。

企業様のイメージ的に販売する人の気配をなくしたいというご希望があれば、アバターやVチューバーを利用した販売のプロの接客も可能です。

コロナの影響を受けずに販売・PRをご希望の方は、「プレゼン TO online」を一度ご検討くださいませ。

販売のプロが分析し、精度が向上していく動画制作

2つ目の新サービスは「分析・成長していく動画制作」

【現在の課題】
コロナでイベントができなくなった今、動画を使った戦い方が増えてきております。
しかし動画制作の課題は、動画の詳しい効果測定ができないことです。
もちろん各プラットフォームのアナリティクスで、ある程度の分析はできるものの実際その動画を見て視聴者がどのようなアクションを起こしたかが明確に分かりません。

その結果、その動画のどこが良かったのか?どこを改善したらより良い動画になるのか?
次回以降の動画に向けて改善するデータが手に入らないことが一番の問題点でした。

動画制作は毎回、制作者の経験と技術を頼りに当てにいくことが最善であり、スタンダードだったのです。

【サービス内容】
そこで動画制作にオプションとして、明確な分析が出来るツールをご用意しました。
1つの動画に対しての分析を明確に行い、それを販売のプロが分析いたします。

分析の結果から更に改善点を見つけ、次に活かすことが可能になります。
動画制作の結果を「良かった」「悪かった」で終わらず、「どうすれば次回更に良くなるか?」を考えられるツールです。

動画制作をご検討されている方で、分析まで行いたい方はお気軽にお申し付けください。

まずは以上になります。
コロナによって変化した状態でどのように戦っていくのか?
もしご興味がありましたらお気軽にお申し付けくださいませ。


トップに戻る お問い合わせバナー