【実績】大手家電メーカー様合同展示会実演販売


・実施個所は40箇所以上



【商品】 液晶テレビ/有機EL
【イベント期間】 2日間 【台数】 108台
【備考】販売とは別にジャンケン大会のMCでの一斉集客も行いました。
大手家電メーカー様が全国各所で行っております合同展示会にて弊社の販売士が実演販売を行っております!

BtoBの展示会や商談会のプレゼン代行、実演販売はもちろんの事、BtoCの展示会においても大活躍で御座います。

実施個所は関東・東北・関西・名古屋開催も含めて40会場以上!

会場毎によって紹介する商品もステージの時間も形式も含めて最善の方法にて実施いたします。弊社で行っておりますのは、漫談や漫才やコント形式や、THE実演販売の方式であったりと多岐に渡ります。

そこにはお客様に絶対に楽しんでいただく為の仕掛けとして、“情報”ד面白さ”というバランスで作成されたオリジナルの販促台本がございます。

・お客様は何故集まるのか?



展示会におけるブースへの集客は面白いから聞いてみたくなるプレゼンに限ります。

よく展示会場にナレーションMCを起用される企業様がいますが、どうしてもお客様の足は止まりません。結果的に社員様や他のスタッフ様が集客に加担している姿をよく見ます。

人が聞きたくなる話術には“情報”ד面白さ”があります。

細かな話術のお話をいたしますと、テンポがあり、間があり、会話のキャッチボールがあり、語感があり、そして視線のコントロールと注意喚起のポイント作りがございます。

更に弊社の販売士が徹底しておりますのは弊社の理念でもある“接客のエンターテイメント化”でございます。

詳しくは企業秘密ですので記載できませんが、ご指名いただいた販売士でしか出来得ないステージを組むことでエンターテイメントに結び付きます。

・何故プレゼンはおもしろくなければならないのか



それは展示会も店頭での販売同様に来場者様が求めているのが【体験】であるからです。

お客様はおもしろい体験とおもしろくない体験はどちらがお好きでしょうか?

答えはもちろんおもしろい体験です。先日クライアント様からお聞かせいただいたお話になるのですが、弊社のライバルは他社の販売会社やお笑い芸人ではありません。

他社の販売会社に販売実績で負ける気も、販売の現場に置いてお笑い芸人に面白さで負ける気もないのですが、弊社がライバルにしているのは一貫して”時間”です。

我々が展示会場にてお客様にいただいておりますのは“時間”になります。

限られた時間の中でお客様に頂いた時間をどのブースよりも、どの展示会場よりも楽しんでいただく事に尽力しております。

昨年末の展示会、また今春の展示会において弊社所属販売士は全ての会場にて目標台数を販売する事に成功しました!

優れた商品・優れたブースには優れたフロントマンが必要です。

商品は優れているのに売り方が分からない…
集客方法が分からない…
プレゼン方法が分からない…と悩んでいらっしゃる企業様。
私共KODEKAの販売士はその方法を知っております!

まずはお気軽にご相談くださいませ。


トップに戻る お問い合わせバナー